富士山ツアーを楽しむ方法~魅力ある日本一の山を登頂~

気をつける点

富士山の標高は3,776メートルあります。高い位置に行けば行くほどに、血中の酸素が少なくなっていくので頭痛やめまいが起きることがあります。こういった症状を高山病と言い、その症状は二日酔いにも似ているものとされています。富士山ツアーの前日には、飲酒を控えるように伝えられるでしょう。なるべく登山中は深呼吸をするように勧められます。深呼吸をすることで、少ない酸素を少しでも多く体に取り入れることが出来るのです。

旅行会社の富士山ツアーでは、富士山登山のプロであるガイドが一緒に付き添います。ガイドが一緒に案内をするなかで、高山病にかからないようにアドバイスを行うでしょう。山を登山するなかでは、急がずに自分のペースで歩み進めることが必須だとされています。ツアー中は団体行動の為に、一番遅めの人に歩みのペースを合わせるでしょう。負担のないペースで初めての富士山ツアーを楽しむことが出来ます。しかし、旅行会社のガイドは、参加をしているツアー客の安全面を一番に考慮します。高山病の症状がひどくなったり、足が思うように進まなかったりする場合には、登山を途中で諦めなくてはいけない可能性も出てきます。予め、そういったことは了承しておきましょう。